Schubertiade Tamba


「丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2020」について

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、オープニング・サロンコンサート、街角コンサート、ガラ・コンサートを中止いたします。楽しみにしておられた方には、大変申し訳ありません。

その代わりとして、

  • 過去25年のコンサート映像を、動画投稿サイトで配信します。
  • 畑儀文音楽監督と過去の出演アーティストとの対談を通して、音楽祭の楽しみ方を提案します。
  • 2020年、2021年の2年間、「フランツ」に声楽家の老田裕子氏(ソプラノ)を起用します。

現在準備中です。ご期待ください!

 

『シューベルティアーデたんば』は、1995年に始まり、毎年秋に開催されている国際音楽祭です。「シューベルティアーデ」とは、シューベルトが仲の良い友だちを呼んで自宅のサロンで開催したコンサートの意味です。テノール歌手の畑儀文が中心となり、地元住民及び地元出身者主体の実行委員会が企画運営を行い、丹波地域の各地で大小様々なクラシックコンサートを行っています。




お知らせ


2月1日

ホームページをリニューアルしました


2月8日

🎉シューベルティアーデたんば2020🎉

主要コンサートの日程が決まりました

 🎺オープニング・サロンコンサート

   開催日  2020年9月27日(日)

   会 場  お菓子の里丹波ミオール館    

       (丹波篠山市東吹416)

 🎻ガラ・コンサート

   開催日  2020年11月14日(土)

   会 場  丹波の森公苑ホール  

       (丹波市柏原町柏原5600)


3月19日

シューベルティアーデたんば25周年の軌跡を、記念誌としてまとめました。ホームページ上で公開しています。ぜひ、懐かしいコンサートの様子を御覧ください。  記念誌


3月21日

老田裕子
2020フランツ

シューベルティアーデたんば2020のフランツが決まりました。

   お い た    ゆ う こ

老田 裕子 (ソプラノ)

 

 


8月7日

シューベルティアーデたんば2020のテーマは、

「シューベルティアーデたんば 回想(かえりみ)と道標(みちしるべ)」

に決まりました。

過去のコンサート映像の配信まで、今しばらくお待ち下さい。